まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
なんだかへんて子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なんだかへんて子

  • 児童書
作: 山中 恒

本体価格: ¥1,200 +税

「なんだかへんて子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年07月
ISBN: 9784652021620

19×14cm  166ページ 

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

母上ドノにガミガミやられっぱなしのおれの前に救世主があらわれた。でも、そいつはとてつもなくヘンテコな女の子だった……。

ベストレビュー

母さんエバルナ

大林宣彦監督の映画「さびしんぼう」の原作だそうです。
「転校生」の『おれがあいつであいつがおれで』に続き、自分自身がハマってしまいました。
悪がきの井上ヒロキのそばに現れた少女は、自分と同じ小学校4年生時代の母親の幻。
いつも威張っている母親が、実は自分と同じ勉強嫌いでお転婆で…。
思わず母親を人間として見直してしまう展開です。
歯切れの良いコメディータッチで、自分としては思い切り楽しんでしまったのです。
息子と嫁さんを見比べてさもありなんと思ったからですが、おやじの4年時代があらわれたら引いてしまったかも。
偉そうにしていても、決して立派な少年であったわけではない自分。
子どもたちには、こんな本を読んでストレスを発散してもらいたいなどと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

(101−1)まま父ロック / 角川つばさ文庫 ママは12歳 / あばれはっちゃく ツーかい編 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

なんだかへんて子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット