宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おしゃべりなたまごやき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃべりなたまごやき

  • 児童書

「寺村輝夫・ぼくは王さまの本」シリーズ

子どもレビュー募集中

作: 寺村 輝夫
絵: 和歌山 静子
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 1章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1998年04月
ISBN: 9784652006627

小学初級〜中級
A5/158ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


第4回 「王さま」シリーズの出版社 理論社 岸井恵美子さんインタビュー


第2回 ミュージカル人形劇「ぼくは王さま」稽古場レポート


えっ!王さまが還暦?!王さま60周年記念アワード 応援コメント大募集!

出版社からの紹介

だれにもないしょのはずの王さまのひみつを、にわとりがたまごの中にかくして…。うそはばれてしまうものです。楽しいお話9つ。

ベストレビュー

楽しくて面白い

自分が子供のころに読んだことがある絵本を子供にも読んで欲しくてこの本を読みました。

この王さまは、よく出てくる王様とはまったく違います。
わがままで、いばりんぼうで、食いしん坊。
だれでも王様とそっくりのところがあるはず。

そんなとんでもない王様がいつも大変な騒ぎを起こしたり、巻き込まれたり。

この本にはたくさんの小さなお話があります。
子供がすきなのは「一つぶころりチョコレート」
夢のようなチョコレートの箱が出てきます。
子供は「僕もこんな箱ほしいな〜」って言います。
「こんなことあったらびっくりするね。」って親子での会話が弾みます。
(こんたこさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺村 輝夫さんのその他の作品

みねこのみちくさ / わかったさんとおかしをつくろう!(全3巻セット) / わかったさんとおかしをつくろう!(1) わかったさんの こんがりおやつ / わかったさんとおかしをつくろう!(3) わかったさんのふんわりケーキ / わかったさんとおかしをつくろう!(2) わかったさんの ひんやりスイーツ / 王さまかるた

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / 紙芝居 たまごから だ〜れかな / たんばりんじゃじゃん / 紙芝居 ころん こっつんこ / The Bean Counting Song まめの かぞえうた / 紙芝居 おっきなおにぎり ちっさなおにぎり



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

おしゃべりなたまごやき

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット