話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
赤ちゃんに贈る絵本ガイドブック

赤ちゃんに贈る絵本ガイドブック

  • 絵本
作: 田中 裕子
出版社: グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「赤ちゃんに贈る絵本ガイドブック」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784906195336

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもの本屋をはじめてもう何年もたちました。その頃小さかったわが子達も、もう成人し、手垢のついた大小の子どもの本だけが本棚の奥からにこっといたずらっぽく笑いかけてきます。やがて数年後にこれらの本は、わたしの子どもの子ども達の歓声とともに、ペタペタといじり廻され、舐められ、めくられて、再びにぎやかに本棚の中で動くことになるでしょう。「おばあちゃん、ご本よんで!」「もういっぺんよんで!」とせがんでくる光景を思い浮かべるだけでも年令をとることも満更ではない、ぬくぬくとした幸せな心地に今からなってきたりするものです。
この小冊子は、はじめて親になったお父さん、お母さんが、どうしたらもう少しゆったりした心を保ちながら、幸せな親と子の日々を過ごせるかを、短くまとめたものです。
 本当は、もっと言いたいこと、いろいろの方々の実践や研究のご紹介や、引用も散りばめたかったのですが、若い方々のために、このくらいの量に押さえたことで、2人より5人、5人より15人の人に読んでもらえることを願い、基本的なはじめの一歩にとどめました。関心のある方は、また次のステップに立ってくださるでしょうし、また新たな問いかけも視野も広がっていくことでしょう。小さなわが子にどういう風に、どんな本を選びたいか、育児の第一歩のご両親のために、また、やみくもに、大人の好みで本を買い求められる(失礼ですが、めちゃくちゃな)親やおじいちゃま、おばあちゃまのために、役にたち、喜んでいただければ言うことはありません。どうぞゆっくり頁をめくってみてください。
3才前後からの子どもの本のガイドブックはいくつか、既にでているので、あえて省略し、ほとんど無いに等しい、0才から3才前後までの絵本の手引きに終始しました。

出版社おすすめ


田中 裕子さんのその他の作品

ナポレオンじいちゃんとぼくと永遠のバラクーダ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 音楽・舞踊 > 赤ちゃんに贈る絵本ガイドブック

2月の新刊&オススメ絵本情報

赤ちゃんに贈る絵本ガイドブック

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット