あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ あきぞらさんぽの試し読みができます!
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おりこうねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おりこうねこ

作・絵: ピーター・コリントン
訳: いずむら まり
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おりこうねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年12月
ISBN: 9784198612924

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

本当にどっちがおりこうなの?

 猫のシマシマはフォード家の猫。毎日、毎日、ご飯を待っていました。ある日、シマシマはもう待つのが嫌になり、自分でキャットフードを開けて食べ始めます。それ以後、シマシマが何でも自分でできる猫だとわかったフォードさんの奥さんは、シマシマにクレジットカードを渡し、すべて自分でするように話します。そんなわけでシマシマはお買い物したり、レストランで食事をしたり、何でも自分ひとりでするようになりました…。
 忙しそうなフォードさん一家と、シマシマの変貌ぶりがユーモラスです。ある日突然おりこうになった猫のシマシマのお話は、わたしたちの生活の一断面を描いているような気がしました。絵本の帯には「自分でキャットフードを開けて食べる猫と、昼間から日向で居眠りしている猫と、本当におりこうなのはどっち?」。なぜ、この問いかけがあるのかは、最後まで読んでのお楽しみ。…どっちがおりこうなのかな…、自分の生き方はどうだろう…。いろいろ考えさせられるお話なので、理解するのは小学生低学年ぐらいから? 息子はシマシマが2本の足で立ち、人間のような生活をする場面がお気に入りの様子。わたしたちの生活を風刺しているかのような英国の絵本です。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやさいどうぞ
    おやさいどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人気しかけ絵本第2弾・テーマは野菜★おやさいの皮をむいて切って・・・「はいどうぞ」!

ピーター・コリントンさんのその他の作品

聖なる夜 / 聖なる夜に / トゥース・フェアリー 妖精さん、わたしの歯をどうするの? / 天使のクリスマス / ちいさな天使と兵隊さん / THE MIDNIGHT CIRCUS

いずむら まりさんのその他の作品

ともだちになって



>絵本エイド ―こころにひかりを―

おりこうねこ

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.48

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット