新刊
ちいさなトガリネズミ

ちいさなトガリネズミ(偕成社)

トガリネズミのささやかな幸せに満ちた生活を描く絵童話

  • かわいい
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(Gakken)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

みどりののはらであそぼうよ

みどりののはらであそぼうよ

作: マーティン・ワッデル
絵: バーバラ・ファース
訳: 山口 文生
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1999年05月
ISBN: 9784566006348

23.6X19.8cm/28ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

雪の野原にウサギがいちわ。イヌのベンがみつけて、ぼくがだいてつれてかえった。ベンとウサギは、いつもいっしょ。ある日、ベンが死んだ。ぼくもウサギも、かなしかった。でも…夏の野原に、コイヌがいっぴき。ぼくがだいてつれてかえった…。温かさが心にしみる絵本。

ベストレビュー

身内

雪の野原で道に迷った子ウサギがいちわ、倒れていた。ウサギがいちわという数え方がとても気になる私でした。子ウサギが老犬のベンになついて、老犬も我が子にように可愛がっているのは、同じ家族として生きている者同士、身内のように思うからだと思いました。老犬が死んでしまって大好きな葉っぱまで食べれなくなってしまったのは、やっぱり親しい家族だからだし、いつも一緒に過ごしているものがいなくなるのは動物でも同じように愛する気持ちがあるからだと思いました。また新しい家族が増えて、ウサギのミミも子犬のパピに、可愛がってもらったベンと同じ匂いと思いを抱いたに違いありません。とても素敵なお話だと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日

みどりののはらであそぼうよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット