宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
日本みんわ絵本のシリーズ あまみのけんむん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本みんわ絵本のシリーズ あまみのけんむん

作: 西郷 竹彦
絵: こさかしげる
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「日本みんわ絵本のシリーズ あまみのけんむん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

発行日: 1986年09月
ISBN: 9784593562305

サイズ:23.6×24.6/ページ数:32ページ

出版社からの紹介

奄美大島には、ケンムンという、ねこにばけたり小馬にばけたりする、えたいのしれない怪物が住んでいるという。さて、ケンムンがまきおこすいたずらとは……。

ベストレビュー

奄美の旅行ガイド

9歳と7歳の子供たちに読みました。
奄美諸島を旅行しようと思っていたので、奄美文化を知るためと、子供たちに伝えるために読みました。
「けんむん」「がじゅまる」「ヤツデマル」という言葉も学びました。
奄美に伝わる民話を知ることで、現地へ行っても単なる観光で終わるのでなく、「けんむん」がいることを想像してみたり、ガジュマルの木を探してみたり、楽しみが増えることと思います。奄美へ行かれる方はご一読ください。
(土筆さん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

西郷 竹彦さんのその他の作品

めめめんたま / そらをとぶふね / しまのおばけケンムン / 兵六ものがたり / ニャーンといったのはだーれ / かもとりごんべえ

こさかしげるさんのその他の作品

紅花ものがたり / 家も学校も焼けてしまった / 紙芝居 ヘンゼルとグレーテル / 家出 ─12歳の夏



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

日本みんわ絵本のシリーズ あまみのけんむん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット