話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話

カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話

作品情報

発行日: 1994年03月

5歳〜6歳
26X19cm 32ページ(こどものとも 1994年3月号)

出版社からの紹介

森のはずれに住んでいた3匹の元気なわんぱく子ウサギは、ある時、おそろしいクズリ(イタチの仲間)をからかって、カンジカおばあさん家に逃げこみ、そこで一緒に暮らすことになりました。おばあさんは狩りにいき、おいしいご馳走を作ります。子うさぎたちも狩りにいきたくて仕方ありませんでした。ある日、子ウサギたちはこっそり槍をもちだすと……。東シベリア少数民族の民話です。(こどものとも456号)

ベストレビュー

ふしぎなおはなし

 エヴェンキはロシア中部にある、寒さ厳しい自治区。
森に住む3匹のいたずらしろうさぎと、
ひとり暮らしのカンジカおばあさんとの
こころあたたまる言いつたえ話です。

 このおばあさん、どうも魔法使いらしい。
薪を命令ひとつで歩かせたり、バケツに命じて水汲みさせたり。
火も、掛け声ひとつでおこします。
どこかの国のネズミさんが、アニメーションで同じことしてましたっけ。

 魔法使いは実在するのか定かではありませんが
おばあさんなら歴として、母性を表すものなのでしょう、
しろうさぎへかけることばに、優しさが満ちていましたから。
きっとエヴェンキ村全体の、母親のようなひとなのかもしれませんね。
悪行のやまんばなどは、負の母性を顕すのだとか、
偉い大学の教授はおっしゃっていました。

 小野かおる画伯の絵から、大自然の厳しさが伝わってきます。
やんちゃに生きる仲良し3匹しろうさぎは愛嬌たっぷり。
ヒヤヒヤさせますがいのちの伸びやかさ、いとおしさを運んできます。

民話は、語り継がれて欲しいと願うばかり。
再版されていないのは残念ですが
福音館さんに、感謝。
(もゆらさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

内田 莉莎子さんのその他の作品

にひきのよくばりこぐま ハンガリーの民話 / ビアンキの動物ものがたり / ロシアのわらべうた / 福音館文庫 ぞうのドミニク / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 福音館文庫 太陽の木の枝

小野 かおるさんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねずみのおよめさん / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / たぬきのばけたおつきさま / トン・ウーとはち / くまさん くまさん おはいんなさい / みぎあしくんと ひだりあしくん


絵本ナビホーム > > カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話

3月の新刊&オススメ絵本情報

カンジカおばあさんのおきゃくになったうさぎたち エヴェンキ民話

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット