貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
フリックス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フリックス

  • 絵本
作・絵: トミ・ウンゲラー
訳: 今江 祥智
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784892385599


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ねこの夫婦のあいだに、いぬの赤ちゃんが生まれました。ねこの町では大問題。その子はフリックスと名づけられ、すこやかに育っていきます。大きくなるにつれ、さまざまな才能を発揮していくフリックス。どんな子でも、のびやかにたくましく生きることができると教えてくれる、ウンゲラーのメッセージです。

ベストレビュー

大人向け?風刺絵本

 仲むつまじいネコの夫妻に生まれた赤ちゃんは、なんとしかめっつらの犬でした。でも、夫妻は愛情を込めてこのフリックスと名付けられたパグ犬を育てます。ネコ社会で肩身の狭い思いをしながらも、ネコ語を話しネコ文化を身につけたフリックス。学校はイヌの学校へ進みました。持ち前の気前よさと気立てのよさのおかげで、フリックスは人気者に。成績も優秀で、ネコ社会に育ったことが有利に働いたこともありました。大学卒業後、フリックスはイヌのミルザと結婚。立身出世をし、いよいよフリックスにも子供が誕生します…。
 語彙が難しいので(「逢瀬」なんて登場します!)大人向け?。「フリックス」は異文化間コミュニケーションを伝える作品かもしれません。イヌ社会とネコ社会。いろんな文化層が対象になりえます。広い視野を持って生きたいな…と望む人たちのための絵本かな。息子に読んでいて、最後に笑ったのはわたしでした。1人の親として、こういう子育てできるかな…とネコ夫妻の子育てに感心しました。
(ムースさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

トミ・ウンゲラーさんのその他の作品

コウモリのルーファスくん

今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / 優しさごっこ / ぼんぼん / ごきげんなライオン ともだちはくまくん



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

フリックス

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット