話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ
  • ちょっとためしよみ

ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ

  • 絵本
作: エバ・メフト
絵: アンドレ・レトリア
訳: 宇野 和美
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784097263517

3歳〜10歳 30代〜50代
B12取・30頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ポルトガルの昔話。おばあちゃんが、孫娘の結婚式に出かけていく途中、オオカミとクマとライオンが「おまえをくってやる!」と次々と現れます。おばあさんは、「これから結婚式に行くから、帰りにはもっと太っているよ」となんとか3匹から逃れて孫娘の家にたどり着きました。楽しいパーティも終わり帰るときになると、おばあさんは、オオカミたちのことを思い出して怖くてふるえてしまいました。しかし、孫娘が畑のカボチャをとってきて中をくりぬき、おばあさんにすっぽりかぶせました。カボチャに隠れたおばあさんは、一目散に家に帰りました。  言葉の繰り返しが心地よく昔話の定番スタイルですが、ユーモアたっぷりで小さな子どもから楽しめます。ハロウィーンにあわせて読んであげたい絵本です。


ベストレビュー

面白い!

ハロウィンが近いので、借りてきました。逃げているカボチャは何か悪さをすて追いかけられているのかと思いきや、そうじゃなかったんですね。(勝手な私の推測でしたが)

6歳次女は大笑い。まさかこんな展開だったとは。そして賢い孫娘。ぜひ読んでみてください。ポルトガルのむかしばなしと書いてありますが、やっぱりどこの国のむかしばなしも誰もが笑える名作が多いのかな?と思いました。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ
  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

アンドレ・レトリアさんのその他の作品

もしぼくが本だったら

宇野 和美さんのその他の作品

エルビス、こっちにおいで / アルマの名前がながいわけ / しあわせなときの地図 / 紙芝居 ドラゴンのバラ / くろは おうさま / あしたのための本(1) 民主主義は誰のもの?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ポルトガルのむかしばなし はしれ!カボチャ

ママの声 26人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット