もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
チョコレートのまち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョコレートのまち

  • 絵本
作・絵: 深見 春夫
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「チョコレートのまち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784333023462

小学1年生から
A5変判/64P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

チョコレートの町では、誰でも顔の形を自由に変えることができます。小学校では、動物の顔が流行っていました。クニオのクラスでは、ワニの顔のボン太がいばりほうだい。クニオはボン太をこらしめようと、肉食恐竜の顔になってやっつけます。けれど、いつしかクニオも、以前のボン太のようにいばり始めたのです。ある日のこと。星の形に変えたクラスメートが、空の彼方へと飛んでいってしまいました…

ベストレビュー

意外と深いお話です

着ている物や化粧などで、いつもと違う自分になった気持ちになれるように、チョコレートで出来た顔が変わると性格も変わっていく・・・というのは、とても納得出来る設定でしたし、実際に言動が変わっていく様子は、「ああ、分かる・・・」という感じでした。

設定こそ「チョコレートで変えられる顔」という楽しいものですが、内容としては子供同士のやり取り、ケンカやいじめなど、子供の心に響くものがあり、仲良くしていくにはどうしたらいいのかを考えるきっかけになる内容ではないかと思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

深見 春夫さんのその他の作品

The Ever-Growing Leg あしにょきにょき / あそびながらあるいちゃだめ / みんなのいのちをまもる!交通安全紙芝居 / あしにょきにょきときょうりゅう / ヘビのレストラン  / おもちゃの かたづけ できるかな



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

チョコレートのまち

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット