話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
夜ごと消えるお姫さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夜ごと消えるお姫さま

  • 絵本
作: 喜多伽也子
絵: 蟹江 杏
出版社: アスラン書房

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「夜ごと消えるお姫さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784900656840

A4

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『夜ごとに消えるお姫さま』は、ハンガリーの昔話です。グリム童話集の中にある『十二人の踊るお姫さま』と類型の話ですが、三の数の重なりや、地面の下のお城など、より昔話らしさをとどめていると思われます。お話の始めと終わりの独特な言い回しにも、ハンガリーらしさが残っています。なによりも、お姫さまたちが夜を徹して踊り続けるさまには、知らぬ間に足が跳ね体が揺れるようです。このお話に、とてもキュートでビビッドな絵をつけてくださったのは、舞台美術・舞台衣装の分野でも活躍し、将来を嘱目されている版画家・蟹江杏さんです。お話と絵との見事なハーモニーをお楽しみ下さい。

ベストレビュー

100人目で、首切りが終わってよかったです

99人もの若者が首を切られたのが、とても残酷な話でしたが、

100人目で、ようやく3人のお姫様の夜ごとお出かけして、靴を

ボロボロにする原因がわかってほっとしました。末娘の大胆な行

動には、びっくりでしたが、そのおかげで、100人目の若者と結婚

が決まり、よかったなあと思いました。ラブロマンスの物語にも

とれたお話でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


蟹江 杏さんのその他の作品

あんずの旅する絵  / 英日CD付英語絵本 夏の夜の夢 A Midsummer Night’s Dream / ふくしまの子どもたちが描くあのとき、きょう、みらい。


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 夜ごと消えるお姫さま

【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

夜ごと消えるお姫さま

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット