季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
おやすみなさいサンタクロース

おやすみなさいサンタクロース

  • 絵本
作: 舟崎 克彦
絵: 小沢摩純
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おやすみなさいサンタクロース」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1990年11月
ISBN: 9784652040065

30ページ 21×21cm

出版社からの紹介

このごろの子どもは、クリスマスの贈り物におもちゃやおかしじゃよろこんでくれない。サンタさんはやがていいこと思いつきます。

ベストレビュー

サンタクロースの倦怠期

毎年のように子どもたちにプレゼントを贈り続けてきたサンタクロース。
毎年の仕事にふと疑問をもってしまいました。
環境の変化、子どもたちの変化…、でも毎年クリスマスは来るし、自分の仕事はクリスマスプレゼント。
当たり前のようにしてやってきた仕事、疑問を持たずに続けている仕事を振り返ると、ふと空虚なスポットがあったりするのは、ホントによくわかります。
サンタさんは緑の地球をプレゼントしようと思いました。
良さげなラストですが、本当にこれでよいのだろうかと思ってしまいました。
サンタさん、自分が見えなくなってしまったんじゃないかな?
子どもたちに贈り物を届ける途中で、ストップしてしまったサンタさん。
子どもたちにいつものプレゼントを届けるために、隊列から離れ一人で仕事に出たリーダーのトナカイさん。
その堅実さには感銘しました。
きっと私はこのタイプでしょう。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


舟崎 克彦さんのその他の作品

Qはせかいいち / 児雷也太郎の魔界遍歴 / ポプラ世界名作童話(9) ドリトル先生物語 / まるかいてピョン / クレヨンマジック / ここにいる

小沢摩純さんのその他の作品

ジークII ゴルドニア戦記 / ジーク / ゆめがとびだしたケーキ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おやすみなさいサンタクロース

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

おやすみなさいサンタクロース

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット