宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
リトル・ウイング
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リトル・ウイング

作: 吉富多美
絵: こばやし ゆきこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リトル・ウイング」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

体育が不得意な苺。でも両親は苺の個性として温かく見守る。一方、夏実は失敗を許さない親に心が壊されていく。そんな二人の前に不思議な水たまりが現れる。子供たちの抱える問題を、ファンタジーに織り込んだ感動作。

ベストレビュー

子供の心を守りたい

作者の方は元公立学校の校長を経験した青木和雄氏とともに各地区の教育講演会に登壇する、子供の心を語るスペシャリストですね
このお話の主人公苺ちゃんは小学校4年生、本を読むことや空想は得意だけど、運動や算数は大の苦手・・・
でもそんな子供の心をよく理解して励ましてくれる両親のもとで、自分の翼にあった空を見つけ、飛び立つ勇気を出していきます・・・
本の中には親として「ドキッ」とする言葉がいくつが出てきます
それは反省を促したり、勇気を得たり、子育てに声援を掛けてもらえたようで、感動して涙があふれてしまいました
小学校4年生くらいから読めると思いますが、親や先生たちにも読んでもらえたらなぁと感じました
(風の秋桜さん 40代・その他の方 男の子17歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


吉富多美さんのその他の作品

まほうのほうせきばこ / きっときみに届くと信じて / ハードル3 / ハードル2

こばやし ゆきこさんのその他の作品

ポーリーちゃんのポケット / おじいちゃんと日の出を見たよ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

リトル・ウイング

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット