季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
おせちいっかのおしょうがつ

おせちいっかのおしょうがつ

  • 絵本
作・絵: わたなべ あや
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784333023608

3歳から
24.5×21.5cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お正月の準備に追われる箱田さんちの重箱の中では、“おせちいっか”のみんなも大忙しです。ふたごのかまぼこ、こうちゃん、はくちゃん、だてまきママに、くわいパパ、えびばあちゃんに、たたきごぼうじいちゃんたちのみんなは、年越しそばを食べると初詣へ。「たべもの神社」の境内は、おぞうにいっかやおすしいっかなどの、いろいろ食べ物たちで大賑わい! おせち料理の由来もわかる、楽しいお正月絵本です。

ベストレビュー

おせちを好きになってもらおう大作戦

おせちって、あまり子どもには人気がないですよね。
うちの子どもたちも、喜んで食べるのは伊達巻と黒豆くらい。
でも日本の伝統文化だから大切にしてもらいたい。というわけで、少しでも興味を持ってもらうために、この絵本を読んでみました。
まず子どもたちは、可愛らしい絵に心を惹かれた様子。狭い重箱の中で、おせち一家が暮らしている様子はなんとも可愛いんです。
そして年越しそばや初詣など、お正月に関する風習も描かれていて、あまりきちんとしたお正月を過ごさせていないせいか(反省)とても興味深そうに眺めていました。
裏表紙に書かれているおせちの意味もしっかり読み込んで「おせち食べるの楽しみ〜」という娘たちに、思わずにんまり。
作戦大成功です。
(オパーサンさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


わたなべ あやさんのその他の作品

おだんごねこさま / はじめての たべもの いちにち あいうえお えいごつき / いれてくやさーい / けんかは やめやさ〜い / アイ・アイ・アイスクリーム・ショー! / おいしい まんまるさん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > おせちいっかのおしょうがつ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

おせちいっかのおしょうがつ

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.41

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット