話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
かにむかし (岩波の子どもの本)

かにむかし (岩波の子どもの本)

  • 絵本
作: 木下 順二
絵: 清水 崑
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784001151213

4.5歳以上
20.7×16.4cm
上製・44頁
関連
かにむかし

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

有名な日本民話「さるかに合戦」が木下順二氏の新解釈により,ユニークな絵本になりました.方言の味わいを生かしたリズミカルな再話に,清水崑氏ののびやかな墨の絵がぴったりです.
こちらは【岩波の子どもの本】版です。

ベストレビュー

方言を生かした語り口

カニが柿の種を拾って、大きくて立派な実がなるまで大事に育てていたけれど、木に登れず実が取れないので困っていると、サルがやってきて「おいらがもいでやろうか」と。てっぺんまで難なく登ったサルは、次々にカニの柿を食べてしまい、しまいには青く固い実をカニに投げつけて殺してしまいます。
読み始めて最初に気付くのが、方言を生かした語り口です。長年語り継がれてきたように表現に無駄がなく、一気に物語の世界に引き込まれます。そして、リズミカルなくり返し。カニが柿を育てるシーンは、「はよう 芽を だせ かきのたね、ださんと、はさみで、ほじりだすぞ」というインパクトのある言葉。そして、ぐんぐんと柿が育っていきます。カニがサルに潰された後、子ガニによる仲間集めのシーン。こちらはカニや栗の歩く音のオノマトペを軸にくり返しとテンポのよさが読みやすいです。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木下 順二さんのその他の作品

ごんぎつね・夕鶴 / 岩波少年文庫 わらしべ長者 / 絵巻平家物語セット / ジャックと豆のつる / 絵巻平家物語 知盛 / 絵巻平家物語 忠度

清水 崑さんのその他の作品

ぼんやり山のぼんたろう / かにむかし / ふしぎなたいこ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > かにむかし (岩波の子どもの本)

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

かにむかし (岩波の子どもの本)

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット