話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

吸血鬼の花よめ

吸血鬼の花よめ

作: 八百板 洋子
絵: 高森 登志夫
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「吸血鬼の花よめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996年06月
ISBN: 9784834013665

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 208 22X16cm

出版社からの紹介

ブルガリアはバルカン半島にあって、古くから東西文化交流の場でした。昔話もオリエントとヨーロッパ相互の影響を受けた独自の楽しいものが多い。日本で初めてのブルガリア昔話集。

ベストレビュー

遠くて でも 近くなったかな

昔話っていうのは やはりそのお話が伝えられていた土地柄がとてもあらわれているものなのだと思うんです。

最近小学3年生の次女は 日本の昔話はモチロンだけど
世界の昔話を好んで読みます。

そのなかでも このブルガリアの昔話は 何となくとても気になる本のようです。

ブルガリア・・娘にとっては、ヨーグルトとかのほかは遠い国としか印象があまりないかもしれません。よく知らない国の一つだと思います。

ただ、読み終わった娘が言うことには 
「すごく 頑張って がまんする人がたくさん出てきた。」
「なんか 暗くって寒くって怖かったんだけど、最後までやりぬくのがなんか 根性だなぁって思った。」
と しみじみ言います。

絵もどちらかというと少し水墨画的な 雰囲気のあるものですし、
タイトルの 吸血鬼というのもちょっと 怖いもののような感じがします。

ただただ怖いものと認識するのではなく、ブルガリアという国に親しみを持つきっかけになる本だと思いました。
(みぽみぽさん 30代・ママ 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


八百板 洋子さんのその他の作品

あっくんとデコやしき / ブルガリアのむかしばなし 金の鳥 / 猫魔ヶ岳の妖怪 / ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし / 日本と中国のおひめさま かぐやひめ / アンデルセンのおひめさま にんぎょひめ

高森 登志夫さんのその他の作品

森のみずなら / ちいさな き / 吸血鬼の花よめ ブルガリアの昔話 / たべられる きのみ / こならぼうやのぼうし / たねのずかん



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

吸血鬼の花よめ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット