話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
ドーナツだいこうしん

ドーナツだいこうしん

作: レベッカ・ボンド
訳: さくま ゆみこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ドーナツだいこうしん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784032027105

3・4歳から
24cm×29cm・40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いちばん最初はドーナツひとつ。ビリーが腰にぶらさげたドーナツに、動物たちがついてくる。それを見て「おもしろそう」と子どもたち。そのうち大人もついてきて、町中をまきこみ大騒ぎ! マザーグースや伝説の主人公もまじってる。当のビリーはひとり騒ぎをぬけて、水辺へおりてゆく。船をうかべ、ドーナツをぱくり。レベッカ・ボンドの、明るく開放的でゆかいな絵本。

ベストレビュー

タイトル

タイトルが気に入ったのでこの絵本を選びました。タイトルの”ツ”の描き方と、男の子の表情、歩き方も気に入りました。ドーナツがとても美味しそうで私も食べたくなりました。繰り返しの文章が心地良かったです。沢山の人を魅了する過程にドキドキしました。主人公のドーナツを巡ってどんどん展開していくストーリーに目を見張りました。
(なびころさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


レベッカ・ボンドさんのその他の作品

森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし / 牛をかぶったカメラマン / ゆきがふったら / あかちゃんのゆりかご

さくま ゆみこさんのその他の作品

トラといっしょに / みずをくむプリンセス / グレタと よくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子 / おまつりをたのしんだおつきさま / 明日をさがす旅 故郷を追われた子どもたち / なかよしの水 タンザニアのおはなし


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ドーナツだいこうしん

サニーサイドブックス代表 絵本作家・あいはらひろゆきさんインタビュー

ドーナツだいこうしん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット