まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
シルクの花
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シルクの花

作: キャロリン・マースデン
絵: 齋藤木綿子
訳: 代田亜香子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「シルクの花」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年03月
ISBN: 9784790232100

小学校高学年〜中学生向き

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ノイは、タイの北部でくらしている11歳の少女。土産物として売る傘に絵を描くおばあちゃんを手伝うのが大好きだ。けれど、小作農と手工業でくらしてきた村の生活は大きく変わりはじめていた。「傘に絵を描く画家になりたい。でも小学校を卒業したらあたしも……」タイ北部の美しい自然を背景に、将来への夢に揺れる少女の心を色彩豊かにつづる。

ベストレビュー

タイが好き

私はタイが好きです。
偶然みつけたタイが舞台の児童文学。
市場のがやがやした様子とか、
タイの自然豊かな様子とか、
そういうものがきちんと描かれていて
読んでいてタイの風景がうかんでくるようでした。
斎藤さんの絵も、すごくかわいくて、
でも文章を邪魔しなくて
とてもバランスの良い本だと思います。
このシリーズは
「この地球を生きるこどもたち」という
副題がついているだけあって、
結構重い内容が多いのですが、
これはそこまでもなく、でもやっぱり
考えさせられる部分もあり、
読み応えも有りました。
小学校高学年になったら読んでもいいのでは?と思います。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


齋藤木綿子さんのその他の作品

ヘブンショップ

代田 亜香子さんのその他の作品

あたしが乗った列車は進む / 世界名作シリーズ 宝島 / 世界名作シリーズ ピーターパン / 小学館ジュニア文庫 世界名作シリーズ あしながおじさん / ペンダーウィックの四姉妹3 海べの音楽 / ロレンス ショートセレクション二番がいちばん



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

シルクの花

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット