宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ことりのピチコ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ことりのピチコ

  • 絵本
作・絵: どい かや
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ことりのピチコ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784052030963

A4変型・32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お母さんとお父さんに大事に育てられたことりのピチコ。ひとりで遠くまで飛べるようになったピチコに、うれしい出会いが待っていました。それは、はじめてできたお友だち。ピチコの喜びやうれしさが心に染み渡るよう伝わる、やさしさあふれるどいかやの絵本。

ベストレビュー

初めてのお友達

どいかやさんの作品は、読んだことがあったのですが、パステル調というかかわいらしい絵という印象があったのので、この表紙を見たときは、すぐにどいさんとは気づきませんでした。

全体的に落ち着いた渋めのトーンで、新たな魅力を見つけた喜びがあります。

鳥の子育ての様子・巣立ちの準備などの様子がよくわかりました。
自立し始めの一人遊びで、初めてのお友達ができた、小鳥のピチコ。
ミチコという女の子でした。
「ピチコとミチコって、似ているね」と、子供も言っていました。

どんなに楽しく遊んでいても、親鳥との約束を忘れていない、しっかり者のピチコが素晴らしく思えました。
(なしなしなしさん 20代・ママ 女の子6歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

どい かやさんのその他の作品

チリとチリリ あめのひのおはなし / ようこそ! ティールームことりへ / ハルの日 / 手ぶくろを買いに / 服を10年買わないって決めてみました 〜買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ〜 / ハンカチやさんのチーフさん



絵本レビュー大賞、結果発表です!

ことりのピチコ

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット