宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
てのひらむかしばなし こぞうのはつゆめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てのひらむかしばなし こぞうのはつゆめ

  • 絵本
作: 長谷川 摂子
絵: 長谷川 義史
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784001163872

四六判変型・上製・36頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

和尚さんに初夢の話を教えなかったばかりに川に流された小僧。
鬼からうばった宝の針で、いまにも死にそうなふたりの姫さまを助けて、めでたし、めでたし。
さて小僧のみた夢とは?テンポのよい痛快な話。

てのひらむかしばなし こぞうのはつゆめ

ベストレビュー

展開の早さに注目

昔、お寺に和尚さんと小僧さんがおりました。
3人の小僧さんの名前は、ちりん、ほこりん、もっこっそー。
名前も姿もとっても面白い小僧さんたち。
息子もプププッと笑っていました。

和尚さんに初夢を話さなかったばっかりに、
小僧は川に流されてしまいます…たどり着いたのは鬼が島!
和尚さんの行動には、びっくりさせられっぱなしです。

あれよあれよという間に、話が展開していくので
目が離せません。

さすが長谷川摂子さんの作品です。

てのひらむかしばなしなので、子どもの手のひらサイズです。
3歳位のお子さんからおススメです。
(ぷりこさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 摂子さんのその他の作品

ぐやんよやん / はちかづきひめ / まほうのコップ / 家郷のガラス絵 出雲の子ども時代 / 絵本が目をさますとき / さくら

長谷川 義史さんのその他の作品

おおにしせんせい / タヌキのきょうしつ / マンマルさん / かわうそモグ / おいせまいり わんころう / 絵本作家のブルース



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

てのひらむかしばなし こぞうのはつゆめ

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.37

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット