新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
リスとはじめての雪

リスとはじめての雪

作・絵: ゼバスティアン・メッシェンモーザー
訳: 松永美穂
出版社: コンセル

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784907738570

19×25p・57ページ

出版社からの紹介

冬のあいだ、ずっとねむっているリスとハリネズミとクマは、雪を見たことがありません。
白くて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかい…。
雪を見るために、冬がくるまで、おきていなくちゃー!!

雪をまだ見たことのない動物たちの、ほほえましい失敗談を絡めて、物語は情緒豊かに、静かな雪の中で展開されます。
前作「リスとお月さま」に続く傑作絵本です。

ベストレビュー

「おばかさん」な動物達 はじめての雪さがし

「リスとお月さま」に続くお話があると知り、ワクワクと手にとりました。

冬はいつも寝てしまうから、雪をみたことがないリス。
ヤギに「白くて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかい」雪の美しさを教えてもらって、冬眠せず雪を見ようと大奮闘。
やがてハリネズミとクマも巻き込んで、雪を探し始めますが・・・。

今回も絵が魅力的。
黒鉛筆と色鉛筆?のデッサン風の描写は
沢山の文章で説明するより、ずっと雄弁。
精緻に描かれた動物達からは、表情や動きから気持ちがぐっと伝わり、
彼らがまじめで一生懸命なほど、おかしみがわいてくるのです。

ハリネズミやリスが見つけた「白くて、しめっぽくて、つめたくて、やわらかい」雪らしきもの、に子ども達はケラケラ笑っていました。
そして、そんなリス達を「ちょっとおばかさん」だと思っていたクマも・・・。
ええーっ!
みんなで大笑いでした。

最後は美しい幸せな結末。
酔いしれていたら、裏見返しの絵にオチが。
参りました、ホントに。

大人のファンが多そうな絵本ですが、
冬眠の説明と、絵だけのページをちょっと助けてあげれば、
年長さん位から楽しめると思います。
ただ、一番のおすすめは、子どもの寝顔を見るのが好きな人です。ぜひ!
(ランタナさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゼバスティアン・メッシェンモーザーさんのその他の作品

リスと青い星からのおきゃくさん / リスとはるの森 / 空の飛びかた / リスとお月さま

松永 美穂さんのその他の作品

アルプスの少女ハイジ / 人形つかいマリオのお話 / たいこたたきの少年 / キツネとねがいごと / 10歳までに読みたい世界名作(9) アルプスの少女ハイジ 思いやりの心が起こした奇跡 / ヨハンナの電車のたび


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > リスとはじめての雪

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

リスとはじめての雪

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット