まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
海のやくそく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海のやくそく

作: 山下 明生
絵: しまだ・しほ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784333019663

出版社からの紹介

年老いたクジラの背に小さな飛行グモが舞い降り、二人の南の島への旅が始まった。二人は別れたが、交わした大切な約束をクモの子孫たちは語り継いだ。時が過ぎ、クジラが南の島に戻ってくると……。壮大な友情物語。

ベストレビュー

ハンモックにのるクジラ

北の海から南へと旅するおじいさんクジラ。
ある秋の日、長い糸をおしりからのばし、風に乗ってやってきたのは小さな飛行グモでした。クジラを島と間違えたのです。
 「おいおい、そこは島ではないぞ。ワシの頭だ」
がっかりするクモに、南の島へ連れて行ってやるとクジラは約束します。
 旅の間、クモは優雅に過ごします。クジラのおなかの下に集まる魚たち、月明かりに光る海を泳ぐクジラのむれ・・・すばらしい景色を見て、やがて南の島へ。
 クモは、お礼にハンモックと本をプレゼントすると言い残し、飛び立っていきました。
やがて、何年か過ぎたある年、クジラは見覚えのある島を訪れます。そこには、光る糸できたおおきなハンモックがありました。よく見ると、その糸は・・・。

しずかなお話です。心がほっとします。
「あぁ、いきてるって いいもんだ!」私がクジラならやっぱり同じことを言うでしょう。
水彩絵の具でおおらかに描かれた絵と穏やかなクジラ像がぴたりと合って、心地よいです。
(星モグラサンジさん 30代・その他の方 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山下 明生さんのその他の作品

どうだ いかすだろ! / ダッテちゃん / タヌキのきょうしつ / ハリネズミ・チコ(5) パピヨン号でフランス運河を / すきです ゴリラ / ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ

しまだ・しほさんのその他の作品

2ひきのかえる / ひとつのねがい / 日本の昔話えほん 9 ねずみのよめいり / あふりかのあかいみち / おかえりたまご / かっとびジャック ツリーはこびのまき



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

海のやくそく

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット