たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
加藤休ミが描くかわいくておいしい?!絵本
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
はるじゃのばけつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるじゃのばけつ

  • 絵本
作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はるじゃのばけつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784893257765

25×25cm・24頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あたたかな気持ちが伝わる春にぴったりのお話

たっくんが桜の花びらをばけつにあつめているとたぬきがやってきていいました。
「めだかをいれようよ。」<めだかか、いいなあ>と思いながら、たっくんは答えました。
「いらないよ、これは『はるじゃのばけつ』だもの。」
『はるじゃのばけつ』とは家にいる じいじに春を届けるためのばけつなのです。
じゃまばかりするたぬきに腹をたてたたっくんでしたが…。

いたずらっぽいけれどどこか憎めないたぬきと、おじいちゃん思いのたっくんとのやりとりが
心に残る、読後感のさわやかな絵本です。

好評「だめだめすいか」に続くたぬきとたっくんの物語、第2弾です。

はるじゃのばけつ

ベストレビュー

桜の時期におススメの絵本

桜の花びらをバケツに集めていたたっくん。そこへ、たぬきがやってきて言いました。「そのバケツにメダカを入れようよ」たっくんはいいなあと思いましたが…。たっくんがじいじに向けた優しさ、たぬきがたっくんへ向けた優しさが伝わってきました。桜の花びらが舞い散る季節にぜひ、子どもとバケツを持って、花びらを集めて「はるじゃ〜はるじゃ〜♪」と言いながら散らせたいなと思いました。

(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


白土 あつこさんのその他の作品

ようかいえんのばけくらべ / バブーおうじと7にんのおばけ / ようかいえんのなつまつり / ブブのどきどきはいたつや / ようかいえんのかいすいよく / ゆきだるまのくに



>絵本エイド ―こころにひかりを―

はるじゃのばけつ

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット