おさんぽ くろくま おさんぽ くろくま おさんぽ くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
ちょっとおとぼけ、いつもワクワク♪ 黒いくまのくろくまくんの絵本が誕生して、10周年を迎えました!
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
あかちゃんライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかちゃんライオン

  • 児童書
作: もとした いづみ
絵: いちかわ なつこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あかちゃんライオン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2004年08月
ISBN: 9784591082225

小学校低学年〜
サイズ :22cm x 15.5cm ページ数 :79ページ

6〜7歳 編集部おすすめ

みどころ

緑の草原にちょこんとすわった、かわいらしいライオンは、ライオン一家のすえっこ、カランちゃん。とうさんとかあさん、おおきいねえさん、ちいさいねえさんと一緒に大きな大きな草原に住んでいます。そんなカランちゃんには1つ不満がありました。それは、もうあかちゃんではないのに、家族から「あかちゃん」と呼ばれること!その上、とうさんとねえさんたちだけで「シダヌマのおか」へでかけて、きれいな夕日を見てきたというのです。がまんできなくなったカランちゃんは、とうとう「しまうまのおかにいってきます」と置き手紙をして出発しました。
しかし、途中で、はじめて見るワニに食べられそうになったり、道に迷ったり、たびたびピンチが……。それでも、こわいもの知らずのカランちゃんは、でっかいヘビにつかまって動けないこゾウたちを助けちゃったりする頼もしい場面も!図書室では、あかちゃんライオンの気持ちに共感するのか、いちかわなつこさんのかわいらしい絵にひかれるのか、1、2年生の子ども達に大人気の1冊です。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ライオン一家の末っ子はもうあかちゃんじゃないのに、家族からいつまでも「あかちゃん」と呼ばれるのが、いやでたまりません!

ベストレビュー

成長のしるし

いっぱい甘えたいのに

赤ちゃん扱いされるのはちょっといや。

そう思うのはみんな一緒かもしれません。

大人と一緒の事がしたい、真似したい、

かわいいですね。

ただ無知な分勇気がすごいと思いました。

そうやって成長していくんですね。
(ジョージ大好きさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

さつまいもおくさん / 10ぽんのぷりぷりソーセージ / あかちゃん新社長がやってきた / ほしのさんちの おそうじ だいさくせん / ドーナツやさんのおてつだい / せつぶんセブン

いちかわ なつこさんのその他の作品

ふたりはとっても本がすき! / レイナが島にやってきた! / 紙芝居 りんごのき / こぐまの ミモの ジャムやさん / クララ先生、さようなら / 紙芝居 みつごの こぶたの クリスマス



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

あかちゃんライオン

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット