まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
もりのかくれんぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのかくれんぼう

  • 絵本
作: 末吉 暁子
絵: 林 明子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1978年11月
ISBN: 9784033300603

対象年齢 5・6歳から

みどころ

かくれんぼは好きですか? あの子ならここに隠れそうだなと探して、予想があたったときの嬉しさ。見つかるまで息をつめてドキドキしたこと。誰も見つけてくれなかったらどうしよう、なんて、急に不安になったりと、かくれんぼにはなつかしい思い出がいっぱい。この本では、そんなかくれんぼのドキドキを、体験できちゃうんです。

公園でお兄ちゃんと遊んだ帰り道、近道しようと生垣をくぐったけいこは、見たこともない大きな森の入口にたっていました。黄金色にかがやく秋の森で、けいこは枝や木の葉と同じ色をした不思議な男の子に出会います。
男の子に誘われて、森の動物たちと一緒に大好きなかくれんぼをすることに。最初はけいこがおにになりました。くまさん、きつねさん、いたちさん、とかげさん……みんないったいどこにかくれているのでしょう?

わくわくしながらページを開くと、森の木々や草むらの中に、動物たちがかくれています。ぱっと眺めただけでは、見つけるのが難しいので、じっくり、よ〜く見てみてくださいね。わからなかったら、本をさかさまにして眺めてもいいかもしれません。じーっと見ていると、木の枝や葉っぱのあいだに、ほら! 上手に隠れている動物たちの姿が見えてきますよ。

美しい秋の森と動物が違和感なく一体化した、隠し絵のたくみさと素晴らしさもさることながら、動物たちの表情やポーズの豊かなことに驚かされます。まあるくなったり、体をのばしたり、笑いをかみ殺していたり、いたずらっぽい表情をしていたり。見つけるたびに「見いつけたっ!」と、思わず歓声をあげてしまいます。秋の空気を胸いっぱいに吸いこみながら、親子で一緒に夢あふれるかくれんぼを楽しんでください。

(光森優子  編集者・ライター)

もりのかくれんぼう

出版社からの紹介

家へ帰るとちゅう、幼いケイコは見知らぬ森にまよいこみ、動物たちと大好きなかくれんぼをします。抜群に楽しいかくし絵の絵本。

ベストレビュー

歌も楽しい♪

隠し絵のある絵本だと知らずに読み始めたので、挿絵の中に『かくれんぼう』を見つけた時は、親子で「ひゃぁっ!」と縮みあがってしまいました(笑)
よくよく見れば、表紙にも!!

それからは、子供達が我先にとかくれんぼしている動物達を見つけては歓声を上げていました^^

「だぁれもいない もりのみち…」の歌も楽しくて、我が家では、ついつい口ずさみ誰かが歌い始めると、まるで合言葉のように「そうかな どうかな ほんとかな?…」と歌って(応えて?)しまいます(笑)

6歳の上の子も3歳の下の子も、楽しめました。
(ぽてぽてぽてとさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


末吉 暁子さんのその他の作品

やまんば妖怪学校 1 こいぬのクンは一年生 / おおかみとしちひきのこやぎ / ぞくぞく村のにじ色ドラゴン / 波のそこにも / ぞくぞく村のランプの精ジンジン / ながぐつをはいたねこ

林 明子さんのその他の作品

ひよこさん / くろねこトミイ / にせあかしやの魔術師 / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット / 魔女の宅急便 6冊セット / ビッグブック もりのかくれんぼう



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

もりのかくれんぼう

みんなの声(126人)

絵本の評価(4.85

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット