虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ダレン・シャン 4〔小学館ファンタジー文庫〕
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ダレン・シャン 4〔小学館ファンタジー文庫〕

  • 児童書
著: ダレン・シャン
訳: 橋本恵
絵: 田口智子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥660 +税

「ダレン・シャン 4〔小学館ファンタジー文庫〕」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月24日
ISBN: 9784092301047

8歳〜20代
新書判・272P

出版社からの紹介

大好評ファンタジーの文庫版

半バンパイアの主人公ダレンは、バンパイアの仲間として認知されるために、クレプスリーらとバンパイアマウンテンに向かいます。道中で危険な目に遭いながら行き着いた所で見たものとは・・・。

半バンパイアのダレンはクレプスリーに連れられ、バンパイア・マウンテンへと向かう。そこでは、十二年に一度のバンパイア総会が開かれることになっていた。未知の世界がダレンを待ち受ける―。

ベストレビュー

本離れの息子はおもしろいと

本離れをしてしまった息子が読んだあとで、私も読んでいます。
息子は難なくスラスラと進んでいった様子。
「おもしろいね」と言っている。
私は、この4巻前半でちょっと失速気味。
半バンパイアになってしまったダレンがクレプスリーと一緒にバンパイアマウンテンに旅に出る。
その厳しい旅の中で、狼との出会いや熊との闘いがあるが、ちょこっと退屈してしまった。
今までは、半バンパイアとして人間界で暮らすダレンの葛藤が、読んでいておもしろかったが、ここでは、バンパイアの世界に入ってしまってるから、あまり共感するところもない感じ。
後半でまたあらたな展開になってきたので、5巻以降に期待します。
(レースさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ダレン・シャンさんのその他の作品

デモナータ 10 地獄の英雄たち / デモナータ 9 暗黒のよび声 / デモナータ 8 狼島 / デモナータ 7 死の影 / デモナータ 4 ベック / デモナータ 3 スローター

橋本 恵さんのその他の作品

ぼくだけに見えるジェシカ / その魔球に、まだ名はない / ファインディング・ゴビ / クリスマスサウルス / SUPER!YA 恋するぷにちゃん / フォール 自由への落下(上)

田口智子さんのその他の作品

バージャック (2) アウトローの掟 / 金太郎 / バージャック (1) メソポタミアンブルーの影 / ダレン・シャン イン ジャパン〔小学館ファンタジー文庫〕 / ダレン・シャン 11〔小学館ファンタジー文庫〕  / ダレン・シャン 12〔小学館ファンタジー文庫〕



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ダレン・シャン 4〔小学館ファンタジー文庫〕

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット