新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
十二支のお節料理
プラチナブックメダル

『 十二支のお節料理 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

十二支のお節料理

  • 絵本
作: 川端 誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1999年12月
ISBN: 9784892387418

26×20cm 31頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

 お正月の食文化をたたえた、色鮮やかな和風絵本。丁寧に仕上げられた版画のイラストが、年の始めを祝うにふさわしい清々しさと晴れやかさを演出しています。適材適所に振り分けられた役割をまっとうする動物たちが、皆いい顔をしていて印象的。「彩りよければ、栄養バランスにもかなっているはず」と作者が解説するお節は、美しく、食欲をそそり、圧巻です。新年の朝を迎える時間の流れ方もすてきです。
 日本のお正月らしさがいっぱいの本作品は、多忙とはいえ、ぜひ師走に味わいたいもの。重箱に詰められたお節料理を前にしたら、動物たちの活躍ぶりが頭を駆け巡り、また一味違った新年が楽しめるかもしれません。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

年の神様は、十二の動物たちを集めて、お節料理の準備を命じました。ひつじは下ごしらえ、さるは料理番、そして来年が干支のとりたちは…。日本のお正月えほんの定番です。『じゅげむ』(クレヨンハウス刊)の作家、川端誠さんが描いた、十二支とお節にまつわる物語。

ベストレビュー

干支たちがお正月を迎える準備をするお話

日本で新年を迎えるような、ワクワクした新鮮な気持ちを味わいたくて、この絵本を手に取りました。

まず、絵がとてもいい!動物達も可愛いし、描写もなかなか細かい!とても日本的なタッチなのも気に入りました。
よく見ると版画ではないですか!文字も味があってすごくいいです。

娘に日本の年末年始の雰囲気を感じてもらえたかな…。
おせち料理や十二支について教えるのにもとても役立ちました。
十二支の由来については、聞き覚えのあるものではなかったのですが、お正月の準備のためにそれぞれ係があるという設定もおもしろかったです!
娘はこの絵本で家族みんなの干支を覚えてくれました。

また来年のお正月にも読みたいです。
(いちがつにがつさん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • さわさわもみじ
    さわさわもみじの試し読みができます!
    さわさわもみじ
    作:ひがし なおこ 絵:きうち たつろう 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    もみじが風に乗り、色々な表情を見せてくれる様子を音と絵で切り取った絵本
  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

川端 誠さんのその他の作品

青空晴之助 その四/千匹狼の巻 / 青空晴之助 その三/白鬼の巻 / 青空晴之助 その二/平気蟹の巻 / 青空晴之助 その一 / お化けの猛暑日 / 十二支のお雑煮



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

十二支のお節料理

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット