新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
おともだちに なってくれる?

おともだちに なってくれる?(評論社)

ミリオンセラー『どんなにきみがすきだかあててごらん』のかわいい続編♪

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
とけいのほん 1

とけいのほん 1

  • 絵本
作: まつい のりこ
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とけいのほん 1」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1993年03月
ISBN: 9784834002300

読んであげるなら・3才から
自分で読むなら・小学低学年から
関連
とけいのほん2

4〜5歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

この絵本の主人公はちびとのっぽ。細くて長くて、変わった形をしているけど……そう、時計の短針と長針なのですね。

ふたりが散歩に出かける時は、ガラガラ荷物を持って。だって、どんぐりがとおせんぼをしながら「いま なんじか おしえてくれたら とおしてあげる」って言うんだもの。すうじを使えば、お花があっという間に時計に早がわり。 さて、何時かな?

ちびの頭が7をさしているよ。
のっぽはまっすぐ12のところを向いているね。
こんな時は「7じ」って言えばいいんだよ。

そのまま一緒にみんなで歩くと、時計もどんどん進む。ちびが少しすすむ間に、のっぽはどんどん動いているね。さて、今度は何時かな?

こんな風に、出会ったお友だちと遊びながら、時計の読み方をわかりやすく教えてくれるのが、「とけいのほん」シリーズの1冊目。時計の読み方って難しいよね。スラスラ読めるまでには、時間がかかるもの。だから、この絵本を読んだからって、すぐに覚えようとしなくても大丈夫。ゆっくり、お話を読むつもりで楽しんでみてね。

小さな子どもたちの遊びから、あいさつや言葉、算数まで、絵本の中で色々なことを教えてくれるまついのりこさん。だけど、その内容は決して堅苦しいことはなく、シンプルながら不思議と印象に残る愛らしいキャラクターが魅力的なのです。読みたくなったらいつでも取り出せるよう、長く本棚に置いておいてくださいね。続きの『とけいのほん2』では、分の単位も登場しますよ。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

とけいのほん 1

出版社からの紹介

どんぐりぼうやと時計の針が、なかよく遊びながら「いま なんじ?」楽しく読みすすんでいくうちに、幼児に時計のよみ方を、わかりやすく教えてくれる絵本です。

ベストレビュー

親の心次第

どんな本でも、読み終えたと同時に必ず「もう1回!」と、せがむ娘が、この本に限って、次の日も、そのまた次の日も、2度と「読んで」とは言わないまま、今日に至っています。いつもなら、少なくとも、数十回は繰り返し読み、各ページ10行以下の本なら、数日でほとんど暗唱してしまうほどなのに、どうしてだろう?と、考えてしまいました。そして、思い当たったのが、☆3つ以下の評価をされたみなさんと同じ理由・・・親の私が「お勉強をさせよう」という心で読んでしまったからなのですね。娘は、デジタルの時計なら、分まで正確に読むことができ、アナログの時計は、この本と同じレベルの「〜はん」までわかるので、つい「わかって当然でしょ」という心が出て、「いまなんじ?」「どっちがほんとう?」「なんじかわかる?」という質問形式の文章を読んでいるうちに、いつのまにか、テスト問題を出しているような気持ちになり、正確に読ませようとする力みに変わって、子どもに絵本を読む楽しさよりも、プレッシャーを与えてしまう結果になってしまったのだと思います。本当に、親の読み方と、親の心次第で、子どもを絵本好きにも、絵本嫌いにもしてしまうんだな、ということを、身をもって実感しました。これまでに、何百冊と読み聞かせをしてきましたが、こんなことは初めてで、自分にとっても、もう1度初心に返るための、よい経験になりました。本自体は、とてもわかりやすく、時計の読み方を学習するのに役立つものだと思います。

1ヵ月後、「えほんおじさん」の読み聞かせポイントの一文に出会い、肩の力がすっかり抜けた翌日、もう1度この本を引っ張り出してきて読んでみました。・・・「教えようとしたり、説明しようとする必要はありません。物語絵本のように、何回も読んであげるだけでいいです。きっと、すぐに、子どもは時計がよめるようになることでしょう。」
娘は、大きな声で時間を読み上げました。時計を読めるのが嬉しくて、嬉しくてたまらない、といった様子で。私も1ページごとに、いっぱい、いっぱいほめてあげました。
(ガーリャさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まつい のりこさんのその他の作品

となえて おぼえる 漢字の本 小学1年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学2年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学3年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学4年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学5年生 改訂4版 / となえて おぼえる 漢字の本 小学6年生 改訂4版


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 教育 > とけいのほん 1

今月の新刊&オススメ絵本情報

とけいのほん 1

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット