宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ティモシーとサラのピクニック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ティモシーとサラのピクニック

  • 絵本
作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1993年11月
ISBN: 9784591039533

2歳〜5歳
25cm x 24.5cm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

今日は、みんなでピクニック。おとうさんがサンドイッチを作ってくれて、
おかあさんが見つけておいた、すてきな場所へ急ぎます。

ベストレビュー

お家のピクニックもいいなぁ〜

娘が保育園からかりてきた絵本。
読んでみると、絵もかわいいし、読んでいて楽しくなる絵本です。
ティモシーとサラは兄弟で、家族でお弁当をもってピクニックへいくのですが、お弁当を食べようとしたときに雨がふってきます。
いったん家へ帰るのですが、ティモシーもサラもつまんなさそうで、そのうち傘で遊び始めます。
サラはどうしてもピクニックに行きたいようで、傘をもってレインコートを着て出かけようとするのですが、お母さんに止められ、泣いてしまいます。そんな泣いているサラをティモシーお兄ちゃんは傘でテントをつくってなぐさめます。その場面を読むと、兄弟っていいなぁと感じさせられました。
結局、最後は家族4人で、家の中でピクニックの続きをするのですが、またその絵がなんともあったくて、幸せそうで、気に入ってしまいました。雨が降っても家の中で、そんな楽しくピクニックができるなんて素敵な家族だと思いました。
(ヒロマキさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。

芭蕉 みどりさんのその他の作品

ティモシーとサラ かあさんのすきだった木 / ティモシーとサラ ちいさなとしょかん / ティモシーとサラ はなやさんからのてがみ / ティモシーとサラ てづくりケーキコンテスト / ティモシーとサラの絵本(既刊11巻)  / ティモシーとサラ ありがとうのおくりもの



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

ティモシーとサラのピクニック

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット