話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
くものきれまに

くものきれまに

  • 絵本
作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

100万人が読んでいる オオカミとヤギの友情物語
大型版になってカラーページもふえました!

ひみつのともだちになったオオカミのガブとヤギのメイ。こっそりまちあわせをしたのですがヤギなかまが2ひきのじゃまを……

こころが洗われるようなことを求めている、いまのおとなたちのこころの深いところに響く、大河小説のような絵本です。――柳田邦男(作家)

ベストレビュー

この巻を読んだら、もう引き返せません

「あらしのよるに」シリーズ第3弾。
前作・前々作では語られなかった2匹の名前も明らかになり、更には新しくヤギの仲間が登場します。

2匹のやり取り以外に、別の存在の登場で、前作までとは別の問題が出てきます。これからのお話の先に暗雲を予感させる内容。
メイの友達のタプはいいヤギなのに、2匹の中を割くような発言に、なんだか邪魔な奴に見えてきてしまいます・・。

全2作だけで読むのをやめていれば、この先の2匹の辛い葛藤を読まずに済むと思うのですが、この「くものきれまに」を読んでしまっては、もう引き返せませんね。
そして、「くものきれまに」の先のお話を読んでこその このシリーズです。

「立場の違う者・敵対する者同士の友情はありえるのか」

読み進めていくほど、重くなる内容ですが 2匹のやり取りに感動する事は必至。

1冊も決して短くはないし、全巻一気にまとめて読んだりするのは、ちょっと厳しいと思います。
でも、それぞれのご家庭などの状況にあわせて、少しずつでも読んでみるといいと思います。
(ちょし★さん 30代・ママ 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

ごはん のこすな / そとで あそべ / てあらいできるかな / わんわんバス / きりん りんりん / 花のすきなおおかみ

あべ 弘士さんのその他の作品

動物なぜなに質問箱 / オサム / ギザ耳ラグ / 氷上カーニバル / ゾウと ともだちになった きっちゃん / オオカミ王ロボ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

くものきれまに

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.85

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット