もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ドルフィン・エクスプレス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドルフィン・エクスプレス

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年05月
ISBN: 9784265060511

小学校中学年向け
A5 144頁 22.0×16.0

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ドルフィン・エクスプレスは海の特急貨物便。スピードが売り物の商売だ。ある日、テールが配達をたのまれた、小さな包みの送り主は、伝説のヨットレーサー黒ねこサンゴロウだった! そしてその不思議な包みの中身とは・・・? スピード感あふれるストーリー展開で一気に読んでしまう魅力的なお話。路傍の石文学賞、赤い鳥さし絵賞受賞「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)の姉妹編。

ベストレビュー

サンゴロウ登場

サンゴロウシリーズ、小2の時だったか息子に読み聞かせしていました。

ひょんなことから、サンゴロウシリーズの姉妹編があるということを知り、全5巻借りてしまいました。

なんとこの最初の巻ではサンゴロウが登場します。といっても主人公はドルフィン・エクスプレスで働くテールというねこなんですけどね。

サンゴロウシリーズもハードボイルドって思いましたが、このシリーズもそんな雰囲気が漂っています。

アウトロー的な主人公ってかっこいい。テールも何だかサンゴロウに似たところがあるなあって。

サンゴロウと関わるうちに明かされるテールの過去、人となりがよくわかる巻でした。

ああそうでした。この巻を読むことになったきっかけは、息子がお薦めの本を書く宿題があったためでした。結局、感想が書きにくいってことで、お薦めはしなかったので、私が代わりにレビュー書いておきます。

続きが読みたくなったので、2巻目も読もうと思っています。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

なまえのないねこ / いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる

鈴木 まもるさんのその他の作品

みずとは なんじゃ? / 巣箱のなかで / てをつなぐ / 鳥の巣つくろう / わたり鳥 / すすめ!うみのきゅうじょたい



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

ドルフィン・エクスプレス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット