話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

黒ねこサンゴロウ5 霧の灯台
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒ねこサンゴロウ5 霧の灯台

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年12月
ISBN: 9784035282501

小学中級から
22cm×16cm 134ページ
判型:A5判

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

霧の多い無人島で、ひとり灯台守をしてきたカイに、サンゴロウは深い友情を感じるが、カイには悲しい秘密があった。

ベストレビュー

カイはふしぎな人

サンゴロウのふねがなんぱするのかなあと思いました。

カイはどんな人だろうと思いました。サンゴロウがさむくてもカイはさむくないからです。カイはふしぎな人だなあと思いました。

とうだいで一人でさみしくないのかなあと思いました。カイはサンゴロウとなかよしなのにどうしていっしょに行かないのかなあと思いました。

なんかふしぎな話でした。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

トリケラトプスのなんでもないいちにち / ティラノサウルスのはらぺこないちにち / 大型読みきかせ絵本 せんろはつづく まだつづく(全1巻) / まじょのむすめワンナ・ビー / 『黒ねこサンゴロウ』うみねこ島の船乗りの冒険 / なんでもモッテルさん

鈴木 まもるさんのその他の作品

あるヘラジカの物語 / どこからきたの? おべんとう / みずとは なんじゃ? / 巣箱のなかで / いそげ! きゅうきゅうしゃ / てをつなぐ


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 黒ねこサンゴロウ5 霧の灯台

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

黒ねこサンゴロウ5 霧の灯台

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット