貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ドルフィン・エクスプレス 波のパラダイス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドルフィン・エクスプレス 波のパラダイス

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ドルフィン・エクスプレス 波のパラダイス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年02月
ISBN: 9784265060603

小学校中学年向け
A5判 160頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アケビ島の荷物のせいで、テールは社会勉強にきた子どもの訓練を受け持つハメになるが…。花の香りが招く淡い恋のファンタジー。

ベストレビュー

冒険的な面とロマンチックな面

トラブルに巻き込まれて訓練生の面倒を見ることになったテール。

自分の思い出を思い出すことができるせっけんのことや、波を使って伝言を届けるというのが何ともロマンチックでした。

テールとジョナの関係などは大人っぽい感じがあるので、中学年というよりは高学年でもいいのではないのかしらと思いました。

船の操縦のことや冒険的な面にはハラハラドキドキなのですが、一方花や香りのことは女性的な面があり、竹下さんいろんなところにアンテナを張って書いてらっしゃるのかなって。

この四巻は、息子がもっと読んでと言うので、結局一日で読み聞かせが終わってしまいました。

次はいよいよ最終巻です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

鈴木 まもるさんのその他の作品

てをつなぐ / 鳥の巣つくろう / わたり鳥 / すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

ドルフィン・エクスプレス 波のパラダイス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット