宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツ

  • 児童書
作: プロイスラー
訳: 中村 浩三
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥600 +税

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年01月
ISBN: 9784035500704

小学中級から
19cm×13cm 207ページ B6判

出版社からの紹介

おばあさんの大切なコーヒーひきが、大どろぼうホッツェンプロッツに盗まれてしまいました。大魔法使いツワッケルマンや妖精も登場して、少年カスパールとゼッペルの大活躍がはじまります。

ベストレビュー

すごくおもしろい

ふしぎなのは、大まほうつかいなのに、なんでじゃがいものかわをむけないんだろうとおもいました。

おもしろかったところは、ツワッケルマンがまほうをかけると、カスパールじゃなくて、ゼッペルがきてしまったところです。

カスパールがまぬけにみられるために、いいまちがいをするのもおもしろかったです。

おばあさんが、しっしんするのがふしぎでした。

ながかったけど、よんだらすごくおもしろくて、つづきもよみたくなりました。

おとうさんにも、おもしろいよって、おしえてあげました。

(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


プロイスラーさんのその他の作品

大どろぼうホッツェンプロッツ 3巻セット / 偕成社文庫 小人ヘルベのぼうけん / おまつり おまつり! / クラバート / 大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる / 大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる

中村 浩三さんのその他の作品

偕成社文庫 クラバート 下 / 偕成社文庫 クラバート 上 / 偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる / 偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる / なぜ戦争をするのか?六にんの男たち / 世界のどうわ傑作選(3) かみ舟のふしぎな旅



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット