まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
せかいをみにいったアヒル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せかいをみにいったアヒル

  • 絵本
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
訳: ふしみみさを
写真: イーラ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せかいをみにいったアヒル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784198626907

3歳から
30cm・40ページ
関連書籍
ねむい ねむい ちいさな ライオン

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、アヒルは旅に出ました。広い世界を見に行こう! なかよくなった犬から、動物園にはいろんな動物がいるよと教わって、いってみると、シカやヤギ、カバ、ゾウ…いろんな動物に出会いました。「ぼくがアヒルだよ!」と見てもらい…? 動物写真家の先駆けイーラによる、動物たちをいきいきととらえた写真に、百冊もの絵本のお話を書いたベテラン、マーガレット・ワイズ・ブラウンが、楽しいお話をつけました。

ベストレビュー

写真絵本

白黒の写真絵本です。自分の意思で「そうだ、せかいを みにいこう!」と思って行動してるだけあって、生き生きとしているなあと思いました。アヒルが最初に出あった犬に、動物園を教えてもらって動物園を自由自在に探検できたアヒルでした。動物園は、自分の居場所じゃあないとわかったアヒルは、仲良しの犬の待つ砂浜へと戻っていき、日のあたる海辺で犬とずっと幸せに、「アヒルらしく のびのびとね!」暮らしました。素敵な写真絵本です。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

おはよう おやすみ ぼくの せかい / ウィリーのぼうけん / おどろいた りす / ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / 世界はまるい / にんぎょうの おいしゃさん

イーラさんのその他の作品

どうぶつたちはしっている / ねむい ねむい ちいさな ライオン / 二ひきのこぐま

ふしみ みさをさんのその他の作品

みーんな ねちゃった? / コレットのにげたインコ / プールのひは、おなか いたいひ / とびだせ!はなくそ はなくそゆうかいじけん / ワニをつかまえたこざるのおはなし / はなくそ だいピンチ!



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

せかいをみにいったアヒル

みんなの声(11人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット