どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
ぼんぬさん 40代・ママ

どんどこ どんどこ どこ行くのかな?
どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おべんとうのえんそく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おべんとうのえんそく

  • 絵本
作・絵: 矢玉 四郎
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おべんとうのえんそく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784876925650

200mm×215mm 24ページ

出版社からの紹介

おにぎりたちが遠足に行くと、くいしんぼうの子どもたちの遠足に出あいました。大変。

ベストレビュー

ちょっと乱暴だけど。。

おべんとうがお弁当を持って
遠足に出かけ、
同じく遠足に来ている
こどもたちに出会う。

こどもたちが
初対面でであった
おべんとうたちに口々に言うセリフは
乱暴な言い方でした。
せんせいも
「ひろった おべんとうなんか。。」という表現。

「ごめんなさい」ということを言ってから
仲良くなったというふうにして欲しかったな。。
最後はとても楽しそうな絵なので。
よけい そんなふうに感じました。

表情豊かで
感情が表れているような絵が
とてもわかりやすいので
ストレートに伝わる気がしました。

それでも
矢玉四郎さんの作品は
不思議な魅力があって
よくわからないけど
また読みたくなってしまうのです。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

矢玉 四郎さんのその他の作品

はれたまたまこぶた / はれときどきあまのじゃく / なりたいじんじゃ / はれときどきアハハ / ぶらんこぶーちゃん / このかおだ〜れ?



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

おべんとうのえんそく

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット