話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
偕成社文庫 びりっかすの神さま

偕成社文庫 びりっかすの神さま

  • 児童書
作・絵: 岡田 淳
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥770

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784035509608

小学中級から
19cm×13cm 196ページ
判型:B6判

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

びりっかすの神さまのおかげで、子どもたちは競争や勝ち負けの意味を考えはじめます。路傍の石幼少年文学賞受賞の作品を文庫化。

ベストレビュー

本気で頑張ることの大切さ

父を亡くした少年が転校先で不思議な体験をするお話。
子どもの奇抜な発想がとても面白く、作者の想像力に感心させられます。

お話はとてもユニークなのですが、楽しいだけでなく、いろいろ考えさせられる奥深い作品でもありました。
頑張ること、手を抜くこと。
一番になろうとすること、ビリになろうとすること。
正しいことが何なのか、主人公の始(はじめ)と共に深く考えてしまいます。

でも確かに言えること。
それは、みんなで力を合わせて頑張ることは素晴らしいということ。
結局順位なんてものは後からついてくるものなんですよね。
一番になることよりも、本気で頑張ることが大切なのだと思いました。

(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか
  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ

岡田 淳さんのその他の作品

チョコレートのおみやげ / こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ / 偕成社の新刊高学年向き読みもの 2020 / 図書館からの冒険 / AI・IoT・ビッグデータの法務最前線 / アチチの小鬼


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 偕成社文庫 びりっかすの神さま

食品ロスについて知る入口となる絵本  『ほうれんそうカレー ききいっぱつ!』田中六大さん&入馬さん兄弟インタビュー

偕成社文庫 びりっかすの神さま

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 3
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット