INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
青空のむこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

青空のむこう

作・絵: アレックス・シアラー
訳: 金原 瑞人
出版社: 求竜堂

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「今」と「命」を大切にしたいと思える本。

中3の娘と一緒に読みました。

突然の交通事故で亡くなってしまった少年ハリーが
死者の国から地上に舞い降り 心残りを解決しようとします。
ハリーの心残りとは 
お姉ちゃんとけんかして仲直りをしていなかったことです。
死というものは 大抵の場合突然やってくるものだと思います。
そう考えると 毎日を(この一瞬を)一生に一度だけのものと意識し
大切に生きなくては…と思えてきます。
娘もそう感じたようです。
特に人との関わりについては 
一期一会の気持ちが大事なのだと改めて思いました。
それから ハリーを失った両親が悲しみに暮れている場面は
親としての立場から胸が締め付けられる思いで読みましが
この本を読んだ子どもにとっては
命の大切さ、尊さを 
おおいに感じることが出来る部分だと思います。
また、魂の最期について このお話の結末のよう考えられたら
亡くなった人をいつでも身近に感じられそうでいいですね。
自分の魂の行き先もそうだったら嬉しいなぁとも思いました。

小学校高学年位から読めそうです。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アレックス・シアラーさんのその他の作品

骨董通りの幽霊省 / スキ・キス・スキ! / 透明人間のくつ下 / ぼくらは小さな逃亡者 / ラベルのない缶詰をめぐる冒険 / チェンジ! ぼくたちのとりかえっこ大作戦

金原 瑞人さんのその他の作品

世界に生きる子どもたち 男の子でもできること みんなの未来とねがい / ドリトル先生アフリカへ行く  / ヴァイキングの誓い[新版] / ゴーストソング / ゴーストダンス / ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックール[新版]



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

青空のむこう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット