はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろう はじめての和食えほん 冬のごちそうつくろうの試し読みができます!
著: 柳原 尚之 絵: 近藤 圭恵  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
旬の食べものでおいしい和食!冬においしい10のごちそうのレシピを楽しいお話と一緒に紹介
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
しろくまだって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しろくまだって

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 高畠 純
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「しろくまだって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年07月
ISBN: 9784338089104

小学校中学年から
A5判/127ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人間のことばが話せるカナダのしろくま兄弟は、町に出て宅配便やさんで仕事をしました。するとたちまち人気者になってしまったからたいへんです。

ベストレビュー

兄弟しろくまが人間に見えてくるよ。

斉藤洋さんらしい楽しい児童書でした。
一応、舞台はカナダのお話です。その方が普通に「しろくま」が町に出てきそうですもんね。

1つ1つのエピソードが「うん。それってありかもしれない」と思える内容なので、読んでいるといつの間にかしろくま兄弟が人間っぽく見えてくるから不思議です。
下手な若者より常識を持ち合わせている弟のカールと、どこまで人間社会のことが理解できてるのかな?と、思うような天然のボケをかましてくれる兄のマルクのトンチンカンな会話が笑えます。

高畠純さんの絵との相性も良く、見ていてとても面白かったです。
低学年用の児童書のシリーズなので、同作者の「ペンギンたんけんたい」などのシリーズが好きなお子さんたちに特にお薦めしたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / サブキャラたちのグリム童話 /  ふしぎパティシエールみるか(5) びっくり!ほしぞらスイーツ / グレーテルの白い小鳥 / どうわがいっぱいしょうがくせいのおばけずかん かくれんぼう / 白狐魔記 天保の虹

高畠 純さんのその他の作品

パンダしりとり コアラしりとり / モンスター・ホテルで オリンピック / ぼくは気の小さいサメ次郎といいます / どっちからよんでも -にわとりとわに- / 火星のカレー 宇宙人たちのひみつ / あるひ ありの アントニオくん



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

しろくまだって

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット