あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
大きな木のような人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大きな木のような人

  • 絵本
作・絵: いせひでこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784061323926

A4横長・55ページ

出版社からの紹介

人はみな心の中に、1本の木をもっている。
パリの植物園。植物学者との出会い。少女の心に、小さな芽が育ちはじめる――

「パリには2本の樹齢400年のアカシアがある。
その1本の大樹のある物語(『ルリユールおじさん』)はすでに描いた。
もう1本の樹ははじめから植物園で大切にされ、樹齢を重ねていた。
私の足が、植物園に向かうようになったのは自然のなりゆきだった。」
――<いせひでこ(あとがきより)>




ベストレビュー

大切に飾りたくなる

パリの植物園の研究員である“わたし”と、日本から来ている女の子“さえら”の交流を描く。
最初はどこか影のあるさえらが、“わたし”たちや植物との触れ合いを通して健やかになっていく様子がとても愛おしい。

2006年に出版された『ルリユールおじさん』と対になる絵本。
『ルリユールおじさん』は中学〜大人向けだったが、この本は完全に大人向け。
色づかいも前作が青色が主体だったが、この本では緑が非常に印象的になっている。

一人でじっくり読みたい一冊。
実は、この本には『ルリユールおじさん』の主人公の女の子も登場している。
ぜひ手にとってみて見つけて欲しい。
(ちひろ。さん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いせひでこさんのその他の作品

見えない蝶をさがして / 猫だもの ぼくとノラと絵描きのものがたり / グレイのものがたり / ねぇ、しってる? / はちみつ / 幼い子は微笑む



「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

大きな木のような人

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット