新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
絵本 世界の食事 14 スペインのごはん

絵本 世界の食事 14 スペインのごはん

作: 銀城康子
絵: マルタン・フェノ
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784540081996

AB判・34ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

朝ごはん、午前の間食、昼ごはん、午後の間食、晩ごはんと食事は1日5回。ニンニクとオリーブ油が香り豊かな家庭の食。

ベストレビュー

意外とお米もたくさん食べる国

スペイン北部の4人家族(父・母・娘・息子)をモデルに、日常の食事や暮らし、地域ごとの気候や食文化の違いを紹介する絵本。

外国の漫画のようなお洒落な絵が活き活きとした動きや素敵な雰囲気を感じさせる。
スペイン料理と言えばパエリアやスペイン風バルで提供される飲み屋の小皿料理など、お祭りやパーティが似合う華やかなものを連想するが、普段の食事は毎日似たようなものを食べていて、意外と質素。雰囲気がお洒落で、大人びている雰囲気を感じるので、実際以上に過大評価していたのかもしれない。

朝は簡単に済まし、間食を食べ、昼はしっかり食べる。午後に間食をし、夜遅くに晩御飯を食べる。1日5回も食事をしている。夜が遅く、大人になればなるほど遅くなる。オリーブ油やニンニクを多用する、主食ではないが米をお惣菜にしてよく食べる…日本食とは全然違う習慣や料理法。陽気な雰囲気、楽しくおしゃべりする食卓。人生を楽しむ要素が沢山ある。

南部は非常に暑く、北部はずいぶん寒そうだ。地域ごとの違いが大きくて驚く。ぜひ一度訪れてみたい。特にバスク地方はフランスとの国境で独自の文化があり、興味深い。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


銀城康子さんのその他の作品

エチオピアのごはん / 絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん / ポリネシアのごはん / 日本のごはん / 絵本 世界に食事(21) ブルガリアのごはん / ポルトガルのごはん

マルタン・フェノさんのその他の作品

ドイツのごはん / イタリアのごはん / フランスのごはん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > 絵本 世界の食事 14 スペインのごはん

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

絵本 世界の食事 14 スペインのごはん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット