季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
東京五十景

東京五十景

作・絵: 山本 容子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,500 +税

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年01月
ISBN: 9784062122160

A4変型・64ページ

出版社からの紹介

山本容子が銅版画で描く東京の街・五十景。
東京というと何を思い浮かべますか。皇居や浅草寺などの建造物? 
高層ビル群や秋葉原などの近代的な一面でしょうか? 山本容子は「人間ありき」と描きます。

ベストレビュー

抒情溢れるスケッチブック

スカイツリーがオープンしようという現在だから、この絵本に描かれた一昔前の懐かしさがとても思い入れたっぷりに感じました。
単なる風景画ではなく、物語があります。
単なる町の風景ではなく、自分の嗜好や、店の表だけではなく店の中にも入り込んだ不思議な絵に仕上げた作者。
多分、作者の素朴な観察と興味に成り立っているのでしょう。
なんだか、知っている風景がこのように表現されていることに嬉しさを感じます。
多分、同じ路を今歩いたら、様変わりに驚いてしまうのでしょうね。
東京タワーが面白い描かれ方をしています。
最後は隅田川。
当然ながらスカイツリーはありません。
東京マラソンで町を走り抜けるとき、この絵本の風景を思い出したいと思います。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 容子さんのその他の作品

詩画集 プラテーロとわたし / チューリップ畑をつまさきで / つづきの図書館 / 雪だるまの雪子ちゃん / 青い鳥文庫 ふしぎの国のアリス(新装版) / 子どもだって哲学(2) 自分ってなんだろう



2月の新刊&オススメ絵本情報

東京五十景

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット