新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ミサコの被爆ピアノ

ミサコの被爆ピアノ

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 木内 達朗
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,257

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784062141345

A5変型・31ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

被爆ピアノの声に耳をすまし平和を想う物語。
広島に原爆がおちた日、爆心地より1.8キロの地点で1台のピアノが被爆しました。今なお現存する「被爆ピアノ」が、戦争の苦しみと平和への願いを奏でます。

ベストレビュー

ピアノが語るあの日

この絵本の主役はピアノです。
広島の原爆を体験したピアノ。
爆心地から1.8kmという場所で被爆し、幸運にも壊れなかったピアノ。
そして持ち主はミサコさん(仮名)。
イギリス製のバイクを乗り回していたお父さんが、バイクを売り払って購入したピアノ。
家が一軒買えるほどの高価な特性のピアノだそうですから、とても裕福な家庭でした。
音楽を楽しむ家族でしたが、小学校4年のとき、戦争はミサコさんにも訪れました。
8月6日、あの日17歳のミサコさんは工場で働いていて助かった一人。
悲惨な広島の光景と終戦。
ガラスの破片が突き刺さりながら無事だったピアノ。
廃墟の広島で弾いたトセリのセレナーデは鎮魂であり、戦争が終わった安息でもあったのですが、人々から非難を浴び、石を投げ込まれたそうです。
それが終戦でした。

それから長い年月を経ても、ミサコさんのそばにあったピアノですが、ある調律師の力で再び音色を奏でる日が来ました。
そのピアノがあちらこちらの会場でコンサートを開くようになりました。
原爆を体験したピアノが奏でるのは平和への願いでしょうか。
CDにもなっているようです。
絵本の中からその音色が聞こえてくるようです。

木内達朗さんの絵が重厚で素晴らしいです。
絵の中のピアノに語らせていますし、人をほとんど登場させない絵でありながら、人々の姿を想像させられる描き方。
風景の一部を切り取った構図で、とてもスケールの大きさと深みを作っています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

てんじつきさわるえほん いないいないばあ / 紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉 / まえがみたろう〈後編〉

木内 達朗さんのその他の作品

海の中のくらし 動物たちが教えてくれる / 紙ひこうき、きみへ /  伊集院 静 少年小説集(1) 親方と神様 / ソロモンの白いキツネ / いきもの特急カール / のっていこう



4月の新刊&オススメ絵本情報

ミサコの被爆ピアノ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット