季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
木の葉の魚

木の葉の魚

作: 安房 直子
絵: 味戸 ケイコ
出版社: サンリオ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「木の葉の魚」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

<品切れ重版未定>

作品情報

発行日: 1978年

ベストレビュー

声に出して読みたい

「詩とメルヘン」という雑誌があり私も学生時代に愛読していました。

そこに収録されていた作品が絵本化されたもののようです。

子ども向けというよりはどちらかというと大人向けのお話かもしれません。

今回、息子に読んでみました。今までは黙読してきたのですが、声に出してみた方が、描かれている情景や情感がより鮮明に立ち上がってくるのを感じました。

表題作を含めて3作が収録されています。

「木の葉の魚」は、貧しい家の娘・アイが、嫁入り道具に母からもらったのは、木の葉を鍋に入れると木の葉が魚に変わり魚料理ができるという不思議な鍋。

満足な嫁入り道具は持たせてやれないけれども、娘が幸せになるようにという祈りがこもっているというところに、母の愛情を感じました。

味戸ケイコさんが絵を描いていますが、ほの暗く時に怖くもある幻想的な絵が、安房さんの文にとてもよく合っていると思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

きつねの窓 / きつね山の赤い花 / つるの家 / まほうのあめだま / さんしょっ子 / いもとようこの安房直子名作絵本 (全4巻)

味戸 ケイコさんのその他の作品

ここにいる / 遠い野ばらの村 / まねっこでいいから / うまれてきたんだよ / だれかないてる / うさぎ座の夜


絵本ナビホーム > > 木の葉の魚

2月の新刊&オススメ絵本情報

木の葉の魚

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット