いつもぶうたれネコ

いつもぶうたれネコ

  • 絵本
作: 木村 裕一
絵: エム・ナマエ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784494025398

幼児から
サイズ:B5判/26.6×19.1cm 頁数:32頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

いつもぶうたれているネコがいました。
なぜって、人間から逃げ出したときにちぎれた尻尾は痛いし、仲間と魚の骨をとりあいしたときに塀から落ちて折れた足は痛いし、大好きな黒ネコは車にひかれて死んでしまうし、「あーあ、やんなっちまうよ」「あたしがいったい何をしたっていうんだい。こうなったのは、みんなだれかのせいさ」と言いたくなることばかりだったからです。

ある日、空き家を出るために崩れた板をどけていると、ネズミの子どもが「ふぅー、たすかったあ」と言って出てきました。本当はとびかかってつかまえたいのに、体が自由に動かないぶうたれネコは、ぷいっとネズミの子を無視して、知らんふり。
その日もツイてないことばかりで風邪を引き、ふらふらで帰ってきたネコに、ネズミは「(助けてくれて)ありがとう!」と看病をします。
ぶうたれネコはだんだん不思議な気持ちになってきて・・・?

誰もが心に抱えたことがある、ねたましさや投げやりな気持ち。
きむらゆういちさんが書くストーリーはいつもちょっと切なくて、でも目の前の誰かのことを信じよう、と気持ちが変わっていくのが不思議。
驚くのは、絵を描いたエムナマエさんが、全盲のイラストレーターであること。エムナマエさんは紙をひっかくように線を引き、その跡を指でなぞって確かめながら絵を描いて、奥様にイメージする色を伝え、色を置いてもらって彩色するそうです。
表情ゆたかなネコ、そして水彩の配色には透明感が溢れ、とても失明した方が描いたと思えない明るい世界が広がっています。

ネコとネズミが並んで見上げる夜空の場面が印象的。
チャーミングでまっすぐな絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

不運なことばかりが続いて、いつもぶうたれているネコがいました。そんなある日、ゴミすてばで一ぴきのネズミを助けることになります。ネズミはぶうたれネコをこわがりもせず、二人の間には友情が芽生えていきます。

ベストレビュー

ねことねずみの出会い

「人生、恵まれないことってあるよね、それにしてもこのねこはかわいそう」

そんなかわいそうなねこである「ぶうたれねこ」がねずみの子どもと出会って、ねずみの子どもの勘違いがきっかけで仲良くなり、前を向くようになる素敵なお話でした。

どうか、ぶうたれねこが、この先、幸せになれますように!
(るらはママさん 30代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木村 裕一さんのその他の作品

いたずら おおかみくん / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / もりがもえた / めざせ!動物のお医者さん / ウルトライックメン ひとりでおでかけ だいぼうけん / 使える!役立つ!はつめい工作

エム・ナマエさんのその他の作品

まちがしあわせになったよる / みつやくんのマークX / あしたのねこ / うさぎはかせうみへいく(チャイルド本社刊) / 世界でいちばん長い夜 / オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅パリ祭 点字版



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

いつもぶうたれネコ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット