ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
ロジーナのあした

ロジーナのあした

  • 児童書
作: カレン・クシュマン
訳: 野沢佳織
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784198627263

小学校高学年から
B6判・272ページ

出版社からの紹介

19世紀末、アメリカ中部の大都市シカゴ。あたしたち22人の孤児は、養い親を見つけるために西部行きの列車に乗った。新しい家族なんて見つかるのかな…。家族を亡くし、心を閉ざした12歳の少女ロジーナは、引率の冷淡な女のお医者さんに頼まれ、年下の子どもたちの面倒を見るうちに…? 元気な少年たち、ロジーナを慕う少女、平原で暮らす貧しい家族…様々な出会いを通して成長する少女の、居場所を求める旅を、ニューベリー賞受賞作家が丹念に描く、感動作。

ベストレビュー

この当時の史実を元に

1881年、アメリカのシカゴで、22人の孤児が養い親を探すために、西部行きの列車に乗ることになりました。

この当時の史実を元に描かれたものです。

孤児院の数が少なく、孤児院に収容しきれない孤児たちの養い親を探すというのは、苦肉の策であったようです。

ポーランド人のロジーナ12歳は、その22人の中の一人でした。

ポーランド人ということで偏見もあり、なかなか養い親は見つかりません。当時は働き口を見つけることも難しく、身も知らない人の元へ嫁ぐ女性もあったようです。

ロジーナの賢さと勇気、最後まであきらめない強さが、ともすると暗くなりそうな過酷な話の中の希望のように思えました。

YAジャンルに入るものを読んでいますが、12歳でこの現実と立ち向かおうとする強さ、いちかばちかにかけてみる勇気に圧倒されました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • アイスゆうえんち
    アイスゆうえんちの試し読みができます!
    アイスゆうえんち
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    ”つめたいおきゃくさま”しか入れない”アイスゆうえんち”。どんな楽しいことが待っているかな?

カレン・クシュマンさんのその他の作品

金鉱町のルーシー / アリスの見習い物語

野沢 佳織さんのその他の作品

キルケ / 父さんが帰らない町で / ソンジュの見た星 路上で生きぬいた少年 / まいごのねこ / 凍てつく海のむこうに / 子どものための美術史 世界の偉大な絵画と彫刻


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > ロジーナのあした

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

ロジーナのあした

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット