虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おやすみ、ぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おやすみ、ぼく

  • 絵本
文: アンドリュー・ダッド
絵: エマ・クエイ
訳: 落合 恵子
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784861011481

255×255mm・32ページ

出版社からの紹介

「おやすみ、ぼくのあしさん」オランウータンの子が、おなか、おしり、耳……と、
自分のからだのあちこちに呼びかけながら眠りについていく、やさしい毛布のような絵本。
2006年オーストラリア・ストーリータイムブック賞受賞。


おやすみ、ぼく

おやすみ、ぼく

ベストレビュー

その気持ち、いつまでも忘れないで。

オランウータンの男の子が、ベッドで眠る前のお話し。

今日頑張ってくれたぼくのからだ、ひとつひとつにごあいさつします。

あし、もも、むね、うで・・め。おやすみ、またあした。

ぼくが今日楽しくいられたのは、みんなのおかげなんですね。
ぼくは、ぼくのからだみんなでできている、ぼくなんですね。

自分を大切にすること。
ぼくを大切にしてくれる人を信じること。

親として、一番知っていて欲しいことが描かれた絵本です。
抱きしめたくなる絵本です。
(ちゅら。さん 40代・ママ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エマ・クエイさんのその他の作品

いっしょにあそぼう!みずたまりぴょん / いっしょにあそぼう!アイスクリームおいしいね / いっしょにあそぼう!おうちをつくろう

落合 恵子さんのその他の作品

その手がおぼえてる / 村じゅう みんなで / とびっきりのともだち / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 ダンスができないぞうさんですよ  / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 くしゃみがとまらないのですよ / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 びっくりごっこですよ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

おやすみ、ぼく

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.74

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット