新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

新刊
家守神(3) 金色の爪と七不思議

家守神(3) 金色の爪と七不思議(フレーベル館)

拓の小学校で怪事件発生!?

  • 笑える
  • 盛り上がる
紙芝居 うまうままんま

紙芝居 うまうままんま

作・絵: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

「紙芝居 うまうままんま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年08月
ISBN: 9784494079131

0・1歳〜
B4判・26.5×38.2cm・8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ごはんよー、うまうま まんまよ。はい、あーん。うまうま まんま、もぐもぐ ごっくん、おいしいね!
あれ、こんどは自分で食べたいの? はいはい、どうぞ。
離乳食を食べさせてくれる人、食べる自分の関係に気づき、自分で食べる自立心の芽生えを大切にする紙芝居。



ベストレビュー

離乳食を食べる時のヒントに

あかちゃんからの食育かみしばい、ということで、
離乳食の食事風景の紙芝居。
赤ちゃんが離乳食を食べさせてもらっているのですが、
自分で食べたいとぐずります。
それじゃあ、どうぞ、と、チャレンジ。
いっぱいこぼしますが、赤ちゃんの満足そうな顔!
お母さんもゆったりと構えています。
離乳食の作り方や分量・回数などの指南書はたくさんありますが、
実際に与える時のポイントはわかりにくいものです。
食事の際の声かけ、語りかけ、こんなに多彩にできるんですよ。
ゆったり構えることの大切さもわかります。
この紙芝居で、がんばっているお母さんたちにエールを送りたいと思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子17歳、男の子15歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ことばとふたり
    ことばとふたりの試し読みができます!
    ことばとふたり
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    ことばを知らない生きものと、ことばを知っている生きものが出会った……! 楽しくて味わい深い絵本


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 うまうままんま

えほん新定番 from 好書好日

紙芝居 うまうままんま

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット