話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
モンゴルのごはん

モンゴルのごはん

作: 銀城康子
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784540081965

ベストレビュー

草原の遊牧民の知恵

モンゴルの都市部に住む公務員の一家の食事と、草原にゲル(移動式の住居、天幕)を構えて遊牧を行う人たちの食事が両方紹介されている。
「赤い食べ物(肉類)」と「白い食べ物(乳製品)」が基本。野菜や小麦は貴重品。遊牧に適した家畜(牛、羊、らくだ、ヤギ、馬)と、適さない家畜(豚、鶏)があり、モンゴルでは長期間の移動ができ、粗食に耐え、利用価値が高い動物が主要な家畜(五畜)といわれ大切にされている。肉を干して、乳はチーズなどに加工して、保存食として利用していて無駄がない。

知らないことがたくさんあって、いろいろ勉強になって面白い。モンゴルの印象は草原を遊牧する民族というものだったが、今は、都市部で定住する人も多いという。もともと遊牧していたことと、国土で農業ができる場所が少ないためか、あまり野菜を取る習慣がないようだが、お茶や乳製品などで栄養は大丈夫らしい。
一見質素に見えるが、なかなか豊かな食事だ。巻末には名物料理のボーズなどの作り方も乗っていて、さらに丁寧な解説もあり、大人でも十分読み応えのある内容になっている。
イラストのモンゴル人がほとんど全員、エラが張っていて目が細くて、いかにも歯が丈夫そうな、健康そうな感じに描かれているのが、面白かった。細身の人がいないので、デブの私は安心して(笑)見ていられる絵本でした。
昭和レトロっぽい魔法瓶や小物があり、なんだかほっとする雰囲気にも癒されました。その辺から、妙に親近感がもてました、モンゴルに。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


銀城康子さんのその他の作品

エチオピアのごはん / 絵本 世界に食事(24) ハンガリーのごはん / ポリネシアのごはん / 日本のごはん / 絵本 世界に食事(21) ブルガリアのごはん / ポルトガルのごはん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > モンゴルのごはん

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

モンゴルのごはん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット