宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
紙芝居 そんごくうだいかつやく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 そんごくうだいかつやく

原作: 呉承恩
脚本: 川崎 大治
絵: 藤本 四郎
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,200 +税

「紙芝居 そんごくうだいかつやく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1986年05月
ISBN: 9784494076925

3歳〜小学校1・2年生
B4判・26.5×38.2cm・16場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

三蔵法師と旅をつづけるそんごくうたちが、助けたおじいさんは、
なんと、おそろしい銀角大王だったのです。そんごくう大ピンチ!

ベストレビュー

ちょっと物足りなかった娘。

そんごくうのお話が好きで好きでたまらない、
4歳の娘と読みました。

娘が特に好きなのは、金角と銀角のお話。
でもこの紙芝居には金角しか出てこなくて、
そんごくうがひょうたんでおしっこするくだりも、
金・銀角のお母さんたちにそんごくうが化けるくだりも省かれてて、
ちょっと傷心な娘でした。

それでもやっぱりそんごくうが大好きな娘は、
一生懸命紙芝居を聞いてくれました。

だって、16枚の紙芝居だもん、仕方ないよ。
16枚しかないわりには、
とってもよくまとめてあって、
すばらしい紙芝居だと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川崎 大治さんのその他の作品

紙芝居 いなむらの火 / 紙芝居 いのちを守る防災かみしばい じしん・つなみ・たいふう [全3巻] / 今昔物語 / 大型紙しばい なんにもせんにん / 大型紙しばい いなむらの火 / かじかびょうぶ

藤本 四郎さんのその他の作品

紙芝居 ダンプのゲンさん / 紙芝居 たこたこおさんぽ / 紙芝居 ぼくはきゅうじょ犬! / あの日とおなじ空 / サーカスさっちゃん / とかげさんちのおひっこし



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

紙芝居 そんごくうだいかつやく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット